蓋置 南鐐亀甲文

この商品について

蓋置の材質は竹、金属、陶磁器類などがあります。竹の蓋置は引切とも呼ばれ、竹の根元が上になるように逆竹に切る約束となっています。また、炉と風炉の場合で切り方が異なり、天節と呼ばれる上端に節があるものが風炉用、中節と呼ばれる節が真中あたりに来るものが炉用です。
棚を用いた点前では最後に飾られることが多いが、竹製のものは特別の場合以外は飾りません。千利休が選んだとされる火舎、五徳、一閑人、三つ人形、蟹、さざえ、三つ葉の7つは「七種蓋置」と呼ばれ、特別に扱われています。
亀甲文とは六角形を基本とする幾何学文様のことです。染織、漆工、金工などに広く用いられています。有職文様の一つ。亀の甲の筋文に似ているのでこの名がありますが、亀の甲から意匠したものではありません。日本での早い作例は奈良時代の染織品中にあります。六角形単独のものを「亀甲」と呼び、これを上下左右に連続させたものを「亀甲つなぎ」と呼びます。調度、衣装などの装飾文様あるいは家紋として用いられる場合は、亀甲の内部に花菱、梅、かたばみ、笹などの草花文様をはめこむことが多くあります。また亀甲そのものを変化させた毘沙門亀甲、そり亀甲、結び亀甲、鉄砲亀甲なども考案されています。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

茶道具買取参考価格情報一覧

現在、日本全国から茶道具を幅広く買取中です!

※買取価格は、商品の状態や買取相場などによって変動する可能性がございます。

買取参考価格一覧を見る

買取方法について

日本全国対応の宅配買取と出張買取をご用意

  • 送料無料・全国対応
    宅配買取

    箱につめて送るだけで査定完了!全国どこからでも送れます。
    宅配買取の流れを見る
  • 出張費無料・その場で査定
    出張買取

    自宅にいたまま、簡単買取!さらにその場で現金お支払いできます。
    出張買取の流れを見る

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です

自宅に眠っている古いもの買取致します。

お見積り・買取のご依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら大よその査定額をお伝え致します。

スマホで簡単! 写真をとっておくるだけ

無料LINE査定

スマホで手軽にお見積り。お売りになりたい品物をスマホで撮ってお送りください。大よその査定額をご返答いたします。

お電話からのお問い合わせは 0120-901-800

受付時間:10:00~19:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

栄楽堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP