日本陸軍佐官用刀緒 軍刀拵え

この商品について

刀緒とは軍刀の柄頭の猿手に付いている紐のことです。
刀緒の用途は手首に通して脱落防止用として使用したり、また尉官、佐官、将官で刀緒の色も異なるため、持ち主の身分を示す証でもあった貴重な骨董品です。
明治45年制式は正装・礼装用の正緒と、通常礼装・軍装・略装用の刀緒とがあり、前者は煌びやかな金糸製で、将官・佐官・尉官と階級別に形が異なります。各部の将校相当官は銀糸でしたが1937年に相当官制度は廃止され各部将校として兵科将校と同列となります。准士官の正緒は絹糸製で形状も小振りでした。刀緒は房と緒部分が黒毛糸で、佐官・尉官・准士官共通で、将官のみ房部分が正緒と同じ形の金糸製です。
昭和9年制式は太刀型軍刀制式と合わせて制式化された刀緒になります。太刀に合うような絹糸平織づくりで茶色が基調とされ、尉官・准士官は裏地が紺青色、佐官は緋色、将官は緋色に金糸三条が交錯し房は黄色となります。なお、軍属奏任官以上はその官位に見合った将・佐・尉官刀緒を、軍属判任官は海軍の昭和12年制式に類似し茶一色です。
下士官兵刀緒は皮革製であり、野戦軍刀である官給軍刀に沿った形です。主に三十二年式・九五式軍刀(緒の一部がバックル状で一度鍔に通す形)用があります。
佐官用刀緒は尉官に比べると絶対数が少ないです。また消耗しやすい材質のため残存数が非常に少なく希少価値となっています。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

軍隊物買取参考価格情報一覧

現在、日本全国から軍隊物を幅広く買取中です!

※買取価格は、商品の状態や買取相場などによって変動する可能性がございます。

買取参考価格一覧を見る

買取方法について

日本全国対応の宅配買取と出張買取をご用意

  • 送料無料・全国対応
    宅配買取

    箱につめて送るだけで査定完了!全国どこからでも送れます。
    宅配買取の流れを見る
  • 出張費無料・その場で査定
    出張買取

    自宅にいたまま、簡単買取!さらにその場で現金お支払いできます。
    出張買取の流れを見る

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です

自宅に眠っている古いもの買取致します。

お見積り・買取のご依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら大よその査定額をお伝え致します。

スマホで簡単! 写真をとっておくるだけ

無料LINE査定

スマホで手軽にお見積り。お売りになりたい品物をスマホで撮ってお送りください。大よその査定額をご返答いたします。

お電話からのお問い合わせは 0120-901-800

受付時間:10:00~19:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

栄楽堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP