象牙 印籠

象牙 印籠
買取参考価格15,000円
ジャンル象牙
この商品について

印籠とは、薬などを携帯するための小さな容器のことを指します。当初は印を入れたことから印籠と称されました。室町時代ごろから応急用の丸薬入れなどに用いられるようになり、やがて江戸時代になると、中身は入れずに、単なるアクセサリーとして用いられるようになりました。
平たい長方形をしており、素材は木製または金属製で3段から5段くらいに分割できるようになっています。各段の両脇に紐を通して、落下防止用の根付けで留め、紐を帯に挟んで使用します。漆器、陶磁器、金属器、木竹器など材質は多様ですが、蒔絵をはじめとする精巧な装飾が施されているものもあり、江戸時代を代表する贅沢な工芸品といえます。
印籠蒔絵師としては、休伯、巨柳、寛哉といった古満家の人々をはじめ、梶川文竜斎、山田常嘉、塩見政誠、飯塚桃葉、尾形光琳、小川破笠(笠翁)、堆朱楊成、杣田光正らが知られ異色ある印籠がつくられています。

※更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

象牙買取参考価格情報一覧

現在、日本全国から象牙を幅広く買取中です!

※買取価格は、商品の状態や買取相場などによって変動する可能性がございます。

買取参考価格一覧を見る

買取方法について

日本全国対応の宅配買取と出張買取をご用意

  • 送料無料・全国対応
    宅配買取

    箱につめて送るだけで査定完了!全国どこからでも送れます。
    宅配買取の流れを見る
  • 出張費無料・その場で査定
    出張買取

    自宅にいたまま、簡単買取!さらにその場で現金お支払いできます。
    出張買取の流れを見る

お問い合わせ

ご相談・お見積りは無料です

自宅に眠っている古いもの買取致します。

お見積り・買取のご依頼

メールフォームよりお売りになりたいお品の情報をお知らせいただけましたら大よその査定額をお伝え致します。

スマホで簡単! 写真をとっておくるだけ

無料LINE査定

スマホで手軽にお見積り。お売りになりたい品物をスマホで撮ってお送りください。大よその査定額をご返答いたします。

お電話からのお問い合わせは 0120-901-800

受付時間:10:00~19:00定休日:年中無休


よろしければシェアお願いします

栄楽堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP