ブラジリエのリトグラフや絵画、着物など買取り致しました。

  • ブラジリエ
買取した品
リトグラフ 絵画 古酒 ガラス製品など
買取方法出張買取
お住まい東京都世田谷区
買取参考価格133,000円

※買い取り価格は当日の価格であり、その価格を保証するものではありませんので予め御了承下さい。
※状態や付属品の有無、買い取り方法などによって価格が変動いたします。

スタッフからのコメント

世田谷区のお客様より遺品整理の際にお電話を頂きましてお伺いさせていただきました。
ブラジリエなどのリトグラフの他、絵画や着物、ガラス製品、古酒、花瓶、置物など一点ずつ査定をさせていただきました。
リトグラフは粒シミのあるものもございましたが人気のある作家物もございましたので全て買い受けさせていただきました。現在買取強化中の古酒は10本程あり、お客様に大変ご満足いただける価格にてお譲り頂きました。また2階の整理しきれていないものもあるとのことで再度お電話を頂けるとのことでした。楽しみにお待ち致しております。
ご依頼くださいまして誠にありがとうございました。

ブラジリエ
フランス、ソーミュール出身の画家です。1949年パリ美術学校に入学し、ブリアンションのアトリエで学びます。1952年フロレンス・ブリュマンタル賞をはじめとして、ローマ大賞(第一位)、シャルル・モレ賞等を受賞。その間各展に出品し、個展を開きました。1953年ローマ・グランプリ賞受賞。 1959年この年より、パリ、ジュネーブ、ニューヨークで定期的に個展を開催し、1961年青年絵画展でシャルル・モレ賞、1962年シュールロット賞受賞、サロン・ドートンヌ、サロン・デ・チュイルリー委員 や各地ビエンナーレの会員となります。1974年には東京で個展を開催しています。その後、1977年東京吉井画廊で個展開催。東京、森工房で大版画『雪の乗馬』『青い池』(約100号)を制作しています。
鮮やかな色彩と柔和で単純化された構成による世界感は優美で静謐なイメージで、詩的な表現を得意とするブラジリエの作品はフランス政府やパリ市立美術館にも収蔵され、2005年には世界3大美術館の一つであるロシアのエルミタージュ美術館で大規模な回顧展が開催。現存作家としては異例のこととして世界的に話題となり、近年では日本でも作品をお探しのお客様が増えています。


よろしければシェアお願いします

2019年4月に投稿した栄楽堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

栄楽堂 出張買取対応エリア

関東地方を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP